企業情報

Company

経営理念と中期経営計画

経営理念

心が触れ合うモノ造り 信頼と喜びの行動で 21世紀に貢献する。

ニチリンは、研究・開発、購買、生産、販売等に携わる各々が責任と熱意を持って各自の仕事(モノ造り)に挑戦し、次工程(顧客)の信頼を勝ち得ることに喜びを感じる活動を行い、また企業として安定した利益をあげ続けることで従業員、株主に対する責任を果たし、同時に社会へ、そして環境への責任を認識することで21世紀に貢献できる企業を目指しています。

ニチリングループ企業行動憲章

ニチリングループは、次の7つの基本的な考え方を実践し、公正な競争を通じて利益をあげると同時に、広く社会に貢献できる企業を目指します。


1. 法令、社会規範の順守
法令のみならず社会的規範を順守し、自助・自律意識に基いて公正・透明な取引を行い、良識ある企業行動を展開します。

2. 社会への貢献
伝統的な物づくりの基本を大切にし、安全・環境等に配慮した優れた製品を提供することにより、産業ならびに地域社会発展への貢献をはじめ、収益の一部を社会に還元するなど社会的貢献活動の促進に努めます。

3. 企業情報の開示
株主はもとより、広く社会に適切な情報開示を行い、経営の透明性と健全性を高めます。

4. 地域環境への配慮
美しい地域環境を守ることは、人類共通の願いであり、当社の企業活動は、環境問題に深く関連していることを認識し、自然環境破壊および汚染の防止に対する継続的活動を経営課題と位置づけ、全従業員が環境を美しくする活動を実践します。

5. 能力が発揮できる企業環境づくり
社員個々の人格、個性を尊重するとともに個人の能力を最大限に発揮できる人事制度、人材育成プログラムの構築に努め、社員が意欲を持って仕事ができる企業環境づくりを推進します。

6. 反社会的勢力との関係遮断
社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力、団体、個人とは一切関係を遮断し、会社全体として毅然とした対応をとることを徹底します。

7. グローバル経営
グローバルな視野で経営を行い、海外拠点においては現地の法律、文化、習慣を尊重し、現地の発展に積極的に貢献します。

中期経営計画 (2015年~2020年:NICHIRIN Growth Strategy2020〈NGS2020〉)

中期経営計画の考え方

更なる進化と新たな成長に向けて(2020年に向けた成長戦略)

2015年からの中期計画期間(6年間)は、自動車・住設分野における技術・機能、また、顧客に求められるものが大きく変わる転換期を迎えるものと思われます。そのような環境変化を好機ととらえ、成り行きの成長ではなく、「失敗を恐れず高い目標に挑戦する」こと、また、「規模よりもむしろ質重視の経営」によって、めまぐるしく変化する時代のニーズを的確にとらえ、持続的に「新たな価値」を創造し、提供し続ける企業集団を目指してまいります。

中期経営計画(NGS2020)では、創立100周年を新たなスタートと位置づけ、中期6カ年において「6つの全体戦略」と「重点施策」を確実に遂行することで、「事業(Structure)」「しくみ(System)」「人(Skill)」の変革と「企業価値(Business Value)の向上」に取り組んでまいります。

ビジョンと6つの全体戦略

(ビジョン)
めまぐるしく変化する時代のニーズを的確にとらえ、持続的に「新たな価値」を創造し、提供し続ける企業集団

(6つの全体戦略)
1.成長分野の強化・拡大
2.新たな事業の創造
3.収益構造の改革・利益体質の強化
4.グローバルな経営管理改革
5.グローバル人材の確保と育成
6.信頼される企業活動、社会への貢献により、企業価値を高める

中期経営目標 (2014年12月策定・2017年12月見直し)
(百万円) 2017年 実績 2018年 計画 2020年 目標
売上高 59,375 59,500 60,500以上
営業利益 8,516 8,500 8,700以上
経常利益 8,629 8,500 8,700以上
当期純利益 4,883 5,000 5,400以上

(注)2018年計画および2020年目標の為替水準については、1US$=110円としております。

PAGE TOP